一覧に戻る

レンタカーでスキー、スノボーなどに出かける際に4WDをおすすめする理由2つ。

雪道での走行は4WDのほうが走りやすく安全です。

2WDと4WD

2WDと4WDという言葉をよく耳にしますが、これは車を動かすための駆動システムの違いです。2WDは4つのうちの2つのタイヤにだけ動力が伝わって動かすシステムなのに対して4WDは4つすべてのタイヤに動力が伝わります。一般的に4WDのほうが悪路に強いとされており、アウトドアに車を使う人は4WDを選ぶことが多いのです。それでは、レンタカーでスキースノボに行くときに4WDがおすすめなのはなぜでしょうか。

雪道でも発進しやすい

雪道ということで、もちろんスノータイヤを履いていたり、チェーンはつけていることでしょう。しかしそれでも雪道や凍った道路では発進時にタイヤが空回りすることがあります。このときに、どれかひとつでも駆動しているタイヤがグリップすれば発信できるのですが、駆動タイヤが空回りしてしまうとその場から動けなくなってしまうのです。4WDであれば、4つのタイヤのどれかがグリップすればよいのに対して、2WDだと駆動するタイヤが二つしかないので、空回りの確率が上がります。その点でも、雪道を走るときは4WDがおすすめなのです。

レンタカーだからこそ4WDを

レンタカーで行くということは、雪道を走りなれているわけではないでしょう。しかも、慣れない車での運転です。慣れない人にとっては、雪道の運転は本当に危険ですから、少しでも安全性の高い4WDを借りることをおすすめします。雪国で2WDに乗っている人もいますが、そういった人たちは普段から雪国に暮らし、日常的に雪道を運転している人です。それでも2WDの場合は発進時に空回りしているところを見かけます。慣れないレンタカーでの運転ということであれば、多少高くついても安全な車を選ぶことが大切です。

駆動よりもタイヤ

もちろん4WDのほうが雪道は走りやすいのですが、だからと言って普通のタイヤで走れるわけではありません。少なくともスタッドレスタイヤ、できればチェーンをつけて走行するようにしましょう。

まとめ

雪道を走ってスキーに行く場合は、安全性を何よりも重視することが大切です。特に雪道を走りなれていない人にとって、発進時の空回りは困るトラブルですから、そうならないためにもレンタカーは4DWを選ぶことをおすすめします。4WD車はアウトドアに強い車も多いので、走行しやすく、雪だまりなどでもパワーがあるのでトラブルのリスクは少なくなるでしょう。