一覧に戻る

障害がある人向けのレンタカー割引制度があると聞きました。どんなのがありますか?京都市 I様

多くのレンタカー会社では体の不自由な方を対象にした福祉割引を行っています。

 福祉割引とは

障害をもつ方はどうしても、車での移動が必要なケースも多いです。そんな方のために、多くのレンタカー会社では福祉割引として、料金の割引制度などを設けています。会社によって割引の内容は異なりますが、レンタカー料金が1割引きになる場合や、福祉料金として別の料金体系を用意している場合もあるので、確認してみるとよいでしょう。この福祉割引は、一般的に運転者が障害者の場合だけでなく、同乗者が障害者である場合にも適用されます。

 福祉車両をレンタルしている場合も

大手のレンタカー会社では、福祉車両のレンタルが可能な場合も多いです。車椅子での乗降が簡単にできるように、スロープやリフトがついた車両など、いくつかの種類の福祉車両を揃えている場合もあります。もちろんこうした福祉車両も割引料金で借りることができるので、通常のレンタカーでは不安という場合には、気軽に問い合わせてみるとよいでしょう

 福祉割引を受けるときの注意

レンタカー会社によって違いはありますが、多くの会社では福祉割引を受けられる車種は限られています。もちろん、福祉車両や、障害がある方でも乗りやすい車種に限定している場合が多いので、不便に感じることはないでしょう。しかし、適用車種以外を借りたい場合は、通常料金になることもあるので、注意が必要です。

また、レンタカーを借りる際に、障害者手帳や、療養手帳の提示を求められます。必ず持参するようにしましょう。営業所によっては、利用できなかったり、適用車種を置いていない場合もあるので、必ず事前に問い合わせをしてから借りるようにします。また、置いている場合も、台数は少なめになりますので、早めに予約をしておくほうが安心でしょう。他の割引と併用したい場合は、適用できないケースがあるので、その点も問い合わせが必要です。

 まとめ

障害を持つ方や、付き添いの方がレンタカーを利用する場合は、福祉料金として割引価格で利用ができる場合が多いです。だいたい通常料金の1割引き程度になりますが、レンタカー会社によって異なるので、事前に確認しておきましょう。

また、実際に借りるときは、障害者手帳などの提示が求められるので、忘れないように持参しましょう。