車のプロだからできる保険の提案があります。

 

 

櫻井モータースはAIRオートクラブ保険ショップ認定店(取扱代理店)です。また、スタッフは保険のスペシャリストとして損保ジャパン日本興亜と船井総研が主催する保険の育成講座に参加をしその修了証を頂いております。

保険に対して分からないことがございましたらなんでもお気軽にご相談ください。車のプロだからこそできるご提案を心掛けております。

3年の長期契約で保険料をかしこく節約

※クリックで拡大します

自動車保険の保険料が毎年高くなっている…保険って使ってしまうと高くなってしまう…とお困りの方、保険料が高くならずに契約することができるのはご存知でしょうか?

その答えは3年の長期契約をすることです!!

ご契約期間中は事故や保険料率改定があっても保険料アップがありません。当社は保険専任者がいますので、車のプロならではの保険の提案ができます。自動車保険だけのご相談でもOKですので、まずはお気軽にお電話ください!

 

 

 

選ばれる3つの理由

  1. 長期契約は保険料が上がらない

  2. 保険の更新も楽

  3. 損保ジャパン日本興亜の保険だから安心

 

 お客様からのお喜びの声

  • 30万円を超える修理代が出てしまい保険を使ったが、翌年保険料が上がらなかった (長岡京市Y.D様)
  • 保険の更新は毎年あるので煩わしかったけど、長期契約なら更新もなくて楽 (京都市中京区I.F様)
  • 保険を使うとき信頼できる代理店に相談ができ、納得の損害額がでた (京都市上京区K.G様)

ご家族おまとめプラン

※クリックで拡大します

ご家族で複数台お車をお持ちで代理店やご加入されている保険会社などが違うと、特約がかぶってしまっていることも多くありますよね。

櫻井モータースがお薦めする「ご家族おまとめプラン」では、親子でも夫婦でも企業でも、2台以上の自動車をお持ちのお客様なら損保ジャパン日本興亜でまとめてご契約いただくとお得です!

3年長期契約プラスご家族まとめ割プラス特約の見直しで、多くの保険料の節約ができるかもしれません!

2018年度から自動車保険が安くなりました!

※クリックで拡大します

2018年1月より保険の改訂があり、保険料が下がりました!!!
そういったこともあり車の点検と同じように、保険の見直しも一緒にされる方が多くなっております。何年も保険の見直しをされていない方や、代理店との関係が希薄な方、毎年同じような内容で更新させている方など、良い機会ですので、一度見直しをしてみてはいかがですか?

契約全体の平均改定率は2%引き!その対象は約90%になります。記名被保険者30~50歳代の契約を中心に引き下げを行い、なんと40歳代では4%の値下げとなります!

 

ASV割引


AEB(衝突被害軽減ブレーキ)を装備している自家用乗用車(普通・小型・軽四輪)の保険料が9%割引! 

安全運転割引


ポータブルスマイリングロードを利用し、一定の条件を満たした6(S)・7(S)等級の契約は最大20%割引!

65歳以上優良割引


記名被保険者の年齢が65歳以上で事故リスクの低い20等級(事故有期間0年)契約の保険料を3%割引!!

よくある質問

保険期間中に車を買い替えたり、子どもが乗るようになっても大丈夫なの??

はい。車両入替や運転者の年齢条件の変更などは1年契約と同じようにできます。

事故がなかったら1年契約と長期契約ではどちらが得なの??

契約条件によっては長期のほうが少し高くなってしまうケースもあります。 
しかし、保険の毎年の改定や、これから消費税が上がってしまうことを考えると十分にお得になると思います。

勧誘方針

法令等を遵守し、適正な販売等に努めます。

  • 金融商品の販売等にあたっては、保険業法、金融商品取引法、金融商品の販売等に関する法律、消費者契約法、個人情報の保護に関する法律およびその他各種法令等を遵守してまいります。
  • お客さまに商品内容を正しくご理解いただけるよう説明内容や説明方法を創意工夫し、適正な販売・勧誘活動を行ってまいります。
  • 保険金の不正取得を防止する観点から、適切な保険販売を行うよう努力してまいります。
  • お客さまに対する勧誘の適正を確保するため、社内管理体制を整備するとともに、研修体制を充実させ関係法令や商品に関する知識の習得に努めてまいります。

お客さまの意向と実情に応じた販売等に努めます。

  • 保険販売等においては、お客さまを取り巻くリスクの分析やコンサルティング活動等を通じて、お客さまの意向と実情に沿った適切な商品設計、販売・勧誘活動を行ってまいります。
  • お客さまの知識、経験、財産の状況および当該金融商品の購入目的等を総合的に勘案し、商品内容やリスク内容等の適切な説明を行ってまいります。
  • お客さまに関する情報については、適正な取扱いを行い、お客さまの権利利益の保護に配慮してまいります。

お客さま本位の販売・勧誘に努めます。

  • 販売・勧誘活動にあたっては、お客さまの立場に立って、時間帯や場所および方法について十分に配慮してまいります。
  • お客さまと直接対面しない販売等(例えば通信販売等)を行う場合においては、説明方法等に工夫を凝らし、お客さまにご理解いただけるよう努力してまいります。

お客さまの満足度を高めるよう努めます。

  • 保険契約について、万が一保険事故が発生した場合におきましては、迅速かつ適正な保険金のお支払いに努力してまいります。

  • お客さまの様々なご意見等の収集に努めるとともに、お寄せいただいたご意見を真摯に受け止め、商品・サービス・業務運営の向上に積極的に活かしてまいります。

 

「金融商品の販売等に関する法律」の概要については、金融庁ホームページをご参照ください。